COMPANY

創業からのあゆみ

創業からのあゆみ

板紙の加工に特化し、
常に進化してきた
139年の歴史

自宅工場前で社員たちと

自宅工場前で社員たち

高津カメと社員たち

創業者(一番左)と社員たち

初代(下段真ん中)、2代目(下段左)、3代目(上段右)

創業者(下段真ん中)、2代目
(下段左)、3代目(上段右)

明治の末から大正、昭和初期に流行った西洋発祥の帽子である”カンカン帽”を入れる「箱」
平安時代から髪を結い束ねるのに用いられた紐である”元結(もっとい)”を巻くための「紙管」
私たちは明治15年に創業して以来、箱と紙管の製造を手掛けてまいりました。

青の点1882(明治15年)

高津カメが川之江の自宅にて創業、
紙管と紙箱の製造を開始。

高津カメ 自宅工場の前

高津カメ 自宅工場の前

青の点1943(昭和18年)

2代目高津茂幸社長就任

2代目高津茂幸

2代目高津茂幸

青の点1953(昭和28年)

高津紙器店と改称
3代目高津俊太郎 社長就任

3代目高津俊太郎(当時26歳)

3代目高津俊太郎(当時26歳)

昭和30年代、上下水道整備が進みトイレットパーパーが徐々に普及し始め、当社もトイレットペーパー紙管を製造

青の点1954(昭和29年)

国内初スパイラルマシン導入
ラングストン社 (アメリカ) 製
平巻→螺旋巻きへ 手巻き→機械製造へ

多数のトイレットメーカーと取引
弊社の紙管製造の90%以上がトイレットペーパー用となる(現在は撤退)
歯ブラシ、お菓子、下駄の箱を製造していた

トイレット紙管工場

トイレット紙管工場

出荷前のトイレット紙管

出荷前のトイレット紙管

青の点1956(昭和31年) - 1976(昭和51年)

1956年(昭和31年)
香川県でポリエチレン加工産業が生まれ、当社もポリエチレン向け3インチ工業用紙管の製造を開始
1960年(昭和35年)
川之江町塩谷に工場を移転
新事務所

旧事務所

落成式典

落成式典

落成式典

落成式典

1976年
資本金2000万円に増資し、高津紙器株式会社に組織を変更

青の点2004

企画デザイン部門設置、紙管面取加工開始

食品一次容器である「紙トレー」製造開始

青の点2005 - 2008

2005年
紙管製造マシン増設
2006年
表面加工工程をクリーンルーム化 耐水耐油耐熱加工開始
2007年
ISO9001認証取得 紙トレー製造機追加導入

青の点2009(平成21年)

高津健二郎社長就任

青の点2015 - 2017

2015年
トムソン及び合紙部門にエアシャワー及び2重シートシャッター設置
紙管製造及びカッター部門にシートシャッター設置
2017年
40,000,000円から300,100,000円へ増資

青の点2018(平成30年)

FSC認証取得
代表取締役 高津俊一郎 就任
福島工場開設

2019年
紙管大型スパイラルマシン更新

青の点2020

コロナ対策商品「シールド」製造開始
紙加工機でフィルム加工

アイシールド・マウスシールド写真

シリーズ累計150万枚を越える
ホームセンター、ドラッグストア、医療分野などBtoCに進出する

5月 新工場完成

新工場完成

本社工場(外観)

青の点2021

4月 旧工場リニューアル

旧工場リニューアル

(旧工場内部)

Copyright© KOZU SHIKI Co.,Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.

PRIVACY POLICY